コレステロールを下げるサプリが登場|飲むだけで健康になれる

レディー

精力を高める素材

サプリメント

マカの精力アップ効果を支えているのが、主成分であるアミノ酸で、これに含まれる豊富なアミノ酸は、男性にも女性にも効果があります。マカはホルモンバランスを整えてくれますので、更年期の改善にも役立つ素材です。

もっと詳しく

高齢化で注目される成分

栄養補助食品

サポニンは、植物の根や茎に含まれている有機物の一種でして、大豆や高麗人参などに多く含まれております。サポニンはアンチエイジング効果があるので、これからの高齢化社会においてとても重要な成分です。1日の摂取量をしっかり守って摂取していきましょう。

もっと詳しく

病気が防げる成分

栄養剤

悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスは、体の状態をチェックする際の一つの目安になります。血液検査で問題が指摘された場合には、一般的に悪玉コレステロールの値を下げることが必要です。悪玉コレステロールは、中性脂肪の値と連動する傾向があります。ですのでこのコレステロールが高い方は、中性脂肪の値にも問題が見られるケースが多いです。悪玉コレステロールと中性脂肪が高い時には、血液の粘度が増して流れにくい状態になっていると想定されます。こういった状態が続くと血管内に血栓が出来ることがあるため、早めに数値を下げることが必要です。悪玉コレステロールや中性脂肪の値は、食生活の改善などである程度下げられます。

中性脂肪と関係が深い、コレステロールを効率よく下げるために役立つのが、DHAやEPAのサプリメントです。DHAとEPAは同じ青魚から抽出される成分ですが、それぞれ作用が異なります。2つの成分のうちコレステロールを下げる作用があるのは、主にDHAです。EPAの方は、中性脂肪を下げるために役立つ成分と言えます。実際のサプリメントでは、DHAとEPAは一緒に配合されるケースがほとんどです。ですので、コレステロールと中性脂肪の両方に働きかけられます。2つの成分による相乗効果も期待出来るため、現在市販されているサプリメントは非常に合理的です。魚が余り好きでない方も利用しやすいのが、サプリメントの魅力と考えられます。

血液検査で糖尿病を予防

血液

糖尿病の診断基準のひとつに、過去1〜2か月の血糖値の平均を示すヘモグロビンa1cがあります。この値が高いと診断された方は、生活習慣を見直す必要があります。糖尿病が進行する前に、サプリなどで血糖値を下げることが大切です。

もっと詳しく